過去のスペシャル・ライブ記録


2014年3月23日(日)
「Applejack」
福島市出身で、20歳の現役大生ギタリスト浅利史花がProデビューバンド「Applejack」ボーカル・オルガンギターにドラム編成の華やかなレディースバンド。とにかく楽しい演奏・ボーカル・MCでした。浅利のギターは、高校生の頃から知るものとしては、Proらしい素晴らしいもので、格段の成長を見せていました。
--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
2014年2月8日(土)
「菅野義孝DUO」
NEW・CD「ジャズギター2」発売記念ライブ。作年に引き続き2度目の登場。今回は、仙台のベーシスト勝本宣男とのDUOです。その日は、記録的な大雪でしたが、熱心なジャスギターファンが多数来てくれて、1部・2部の他に打ち上げセッションで盛り上がりました。
--------------------------------------------------------------------------------
2013年8月3日(土)
「Chika&小山太郎TRIO」
父に大橋巨泉母にマーサ・三宅を持つ、サラブレッド級のジャズ・ボーカリスト「CHIKA」が悠工房とコヨットの協力により実現した。復興支援の格安の料金設定もあり沢山のお客様が来てくれました。
ボーカルはもちろんMCもさすがは!です。小山太郎トリオをバックにとても楽しいライブでした。
--------------------------------------------------------------------------------
2013年6月13日(木)
「大坂昌彦クインテット」
年に一度は来てくれている大坂だが自己のバンドでの公演は初!。フロントに2サックスを配したクインテット。NEW:CD「アサンブラージュ」のレコ発ツアー。山田拓児(as,ss,bcl)西口明宏(ts)の個性も際立って、今泉正明(p)島田剛(b)
何より大坂のドラムが支配力、コントロール、迫力が素晴らしく、全てにおいてプロフェッショナルな熱い演奏でした。
--------------------------------------------------------------------------------

2013年5月25日(土)
「納谷嘉彦クインテット」
今年の納谷さんは、フロントに駒野逸美(tb)加納奈美(as)ドラマーに21歳の山田玲を配し、ベースの俵山昌之と納谷のベテランがガッチリ固めるクインテットでした。若手育成に熱心なピアニストです。
--------------------------------------------------------------------------------
2013年4月22日(月)
「渡辺貞夫クインテット2013」
今年も貞夫さんが来てくれた。メンバーは、小野塚晃(p)コモブチキイチロウ(b)石川雅春(ds)ンジャセ・ニャン(per)
益々、パワフルでたっぷり演奏してくれました。月曜日というハンディにもお客様は、昨年と同じ満杯でした。
2部では、MINGUSにちなんで、「ブギー・ストップ・シャッフル」を演奏してくれました!!
--------------------------------------------------------------------------------
2013年3月8日(金)
「菅野義孝トリオ」
2013年最初のスペシャルライブ。菅野義孝3枚目のCD「Jazz Guitar」レコ発ツアー。岩手出身のギタリストで初のライブながら、当店にとっては、何かと縁深いミュージシャンです。ドラムの横山和明君は、久々の来店。ベーシストのBrent Nusseyは堅実なプレーと気さくな人柄でした。
--------------------------------------------------------------------------------

2012年11月8日(木)
「中村健吾カルテット」
昨年は、エレナカルテットのメンバーとして来店。新作CDのレコ発ライブで、自己のカルテットを率いての来店。
当初予定だった、ステーシー・デラードが、ハリケーンの影響で来日できなくなったが、代打としての中川英二郎
(tb)の活躍で、ライブは、素晴らしいものでした。さすがは、PROと思わせる素晴らしい演奏でした。
--------------------------------------------------------------------------------
2012年7月19日(木)
「纐纈歩美カルテット」
一昨年・昨年に引き続き3度目の纐纈歩美カルテット。オスロのレインボースタジオでの録音した「レインボーテールズ」の発売ツアー。昨年以上に一回りもふた周りもパワフル・緻密な演奏を聴かせてくれました。
--------------------------------------------------------------------------------
2012年7月5日(木)
「ハクエイ・キム ソロピアノ
話題の映画「道〜白磁の人」のエンディング・テーマも手がけ今乗りに乗っているハクエイ。
当店には渡辺貞夫&ヤングライオンズ以来の登場でした。
繊細な中にも大胆な切り口のハクエイの世界が心地よかったです。--------------------------------------------------------------------------------
2012年6月20日(水)
「EQ」The Earth Quartet」
昨年に引き続き2度目の「EQ」NewCDの発売もあって、昨年以上にパワフル・緻密な演奏を聴かせてくれました。
ひとりひとりのレベルが高いのはもちろん、グループとしての一体感がとにかくすごいの一言です。
--------------------------------------------------------------------------------
2012年4月17日(水)
渡辺貞夫 セクステット 2012
貞夫さんも驚くほどの沢山のお客様ありがとうございます!それ以上に渡辺貞夫セクステットは大迫力の演奏でした!ンジャセと珠也に貞夫さん、小野塚とのパーカッションバトルは圧倒的で大観衆を興奮のるつぼに陥れてくれました。演奏終了後の名物「The打ち上げ」では、お茶目な貞夫さんがバーテンになったり、ピアノを弾いたりドラマを叩いたり、女性スタッフとダンスしたりと、ツアー初日なのにマネージャーが頭をかかえる程ハイテンションでした!本人も満足の行く演奏だったのでしょう。
--------------------------------------------------------------------------------
2012年1月29日(日)
佐山雅弘Vintageトリオ
3・11震災で延期になっていた、佐山雅弘Vintageトリオが約10ヶ月経ってようやく実現した。
佐山をはじめ井上陽介(b)、大坂昌彦(ds)とスペシャルなメンバーだから、スケジュールに手間取ったのだ!
もちろん演奏もスペシャルで圧倒的な演奏を繰り広げてくれた。
--------------------------------------------------------------------------------
2012年1月13日(金)
土井徳浩カルテット
2012年最初のスペシャルライブは、土井徳浩(cl)佐藤浩一(p)本川悠平(b)紺野智之(ds)によるクラリネットカルテット。モダンクラリネットは珍しく新鮮でした。ドラマー紺野氏の勧めがなければなかなか出会えないサウンドでした。また、紺野氏の人脈で多くの方が来てくれました。
お客様ありがとうございます。
--------------------------------------------------------------------------------

2011年11月12日(土)
岡安芳明TRIO
岡安芳明(g)石川隆一(b)高橋幹夫(ds)によるギタートリオライブです。今やNO1ジャズギタリストの
岡安にベテランドラマー高橋と若手のベーシスト石川でのスイング感抜群のライブでした。
1部の後半にピアニスト「野本晴美」のサプライズ参加で益々ヒートアップ!
2部からは、地元アマチュアとのセッションもあり、演奏は夜遅くまで続きました。
岡安TRIOの皆様、セッションに参加してくれた皆様
お客様ありがとうございます。
--------------------------------------------------------------------------------

俵山昌之(b)&井川晃(ds)・名雪祥代(as)・中山智広(p)・菊池俊夫(ts)セッション&ジャム
2011年8月21日(日)俵山昌之・井川晃一流ジャズメンと仙台からアルティスト名雪祥代を迎え
中山智広と菊池俊夫でのライブ。2部からは、アマチュアとのジャムセッションと夢のような企画でした。
ギタリスト2名・サックスやベーシスト、ドラマーも加えてのジャムセッションでした。
お客様ありがとうございます。
--------------------------------------------------------------------------------



寺久保エレナ・カルテット
2011年7月28日(木)寺久保エレナ(as,ss)大林武司(p)中村健吾(b)マーク・ホイットフィールドjr(ds)
待望のエレナカルテットライブ。リーダー振りも堂々として素晴らしい演奏をたっぷり聴かせてくれました。
大物ベーシスト中村健吾の存在は素晴らしくバンドをしっかり支え、大林武司のピアノは、
今回一番の収穫です。マークのドラミングも素晴らしく日本人とは一味違った素晴らしい演奏でした。
本当に多くの来てくれた、お客様ありがとうございます。

--------------------------------------------------------------------------------



EQライブ
2011年7月10日(日)小池修(ts)青柳誠(p)修浩一(b)大坂昌彦(ds)
あまりに凄いバンドでした。ある意味ジャズバンドの理想形。そうとう複雑なことをやっているのに、こともなげに演奏していて、楽器って簡単に出来るんじゃないか?って勘違いする人が出てしまいます。パワフルでいて繊細、複雑でいてまた豪快な演奏でした。メンバーひとりひとりが凄すぎるほどタフですわ。
まさに「玄人好みのバンド」です。
来てくれたお客様本当にありがとうございます。

--------------------------------------------------------------------------------

纐纈歩美&納谷嘉彦トリオ
2011年5月11日(水)纐纈歩美(as)納谷嘉彦(p)俵山昌之(b)マーク・テイラー(ds)
震災以後、初のスペシャル・ライブとなりました。2枚目のアルバム「Daybreak」のツアーで演奏曲目も
このアルバムからの選曲でした。昨年も来てくれて、2度目のライブとなり、昨年より緊張感もとれてより
素晴らしい演奏を繰り広げてくれました。2部には、珍しくH・ハンコックのカンタロープ・アイランドでファンキー
に楽しませてくれました。また、アンコールには、大河ドラマの「江〜」からの演奏を聞かせてくれました。

--------------------------------------------------------------------------------


紺野智之 正月セッション 加藤晃司+中山智広+鈴木勇次
2011年1月2日(木)
福島が誇るドラマー紺野智之がリーダーで行われる”毎年お盆と正月”の恒例セッション。
この日は、昼から別バンドでの2本立て、一日中ライブ三昧でした。両方とも参加のお客様も
多く、とても有意義なセッションでした。

--------------------------------------------------------------------------------

2010年11月20日(土)
佐山雅弘Red Zone+寺久保エレナ
昨年に引き続き2度目の佐山雅弘Red Zone+寺久保エレナ一年経って一回りも2周りも成長した面々
が今年も皆を驚かせてくれました。特にエレナは、驚愕するしかありません。

--------------------------------------------------------------------------------

2010年11月6日(土)
纐纈歩美(こうけつ あゆみ)+納谷嘉彦TRIO
デビューアルバム「struttin'」の発売記念ツアー
CDで聴いても凄かったのに数多くのライブをこなしてきて遥かに成長していました。
細い身体なのに音も太く、錚々たるリズム隊を従え堂々の演奏でした。
この若いアルティストは、どこまで成長するのか楽しみな逸材です。

--------------------------------------------------------------------------------

ビッグ・アップル寄席
「桂歌蔵独演会」

2009年11月2日(火)
2度目桂歌丸の弟子・真打歌蔵の古典落語。ビッグ・アップルが寄席になりました。
落語は、生に限ります。LIVEの迫力で、圧倒されます。
伝統芸能の芸の凄さを再認識しました。

--------------------------------------------------------------------------------
板橋文夫・川嶋哲郎DUO
2010年10月22日(金)
昨年に続いて板橋さん今年は、NO1サックス奏者川嶋哲郎とのDUO、より自由度の高いDUOと言う事で、期待の中予想をはるかに超えた演奏で皆をノックアウトしてくれました。
また、ご一行様は、ライブ前日から福島入りし、当店で、和気藹々と餃子パーティをして、川島さんのリクエストで数々のレコードを鑑賞して、リラックスしてからの演奏でした。

--------------------------------------------------------------------------------
Abbey・加藤晃司プロジェクトWith レイモンド・マクモーリン
2010年10月3日(日)
ミンガスのセッション出身者で、Proとして東京で活躍中の阿部真也(ds)と加藤晃司(b)の
スペシャルプロジェクトセッションが実現した。特別ゲストにジャッキー・マクリーンの弟子で
グレート・ジャズ・トリオにも参加した、レイモンド・マクモーリン(ts)が来て大いに盛り上がった
セッションでした。やはり本場物は、違うと言うプレーで、皆をノックアウトしてくれました。

--------------------------------------------------------------------------------
紺野智之 お盆セッション 中山トリオ+菊地俊夫
2010年8月13日(金)
”Totem Pole”「菅野浩カルテット」でも来てくれた、福島が誇るドラマー紺野智之がリーダー
で行われる”毎年お盆と正月”の恒例セッション。バリバリのプロとセッション出来るなんて、福島の
演奏家は、なんて幸せなんだろう・・セッションでした。

--------------------------------------------------------------------------------
渡辺貞夫「SADAO With Young Lions」

2010年8月2日(月)
リハーサルの時から、貞夫さんは、上機嫌!調子のいいのが一音で判った。リハ一日だけという緊張感とあいまって、バンドメンバーは、客入れの時間ももどかしがるほど、演奏したくてしたくてたまらない様子。超満員に膨れあがったビッグ・アップルは、期待と熱気で破裂しそうな臨界点に達していた!!開演は、19:00。その時何と我慢しきれなくなったのか貞夫さんは、2分前に「バードオブパラダイス」を吹きながらステージに!!まだ、照明も消していないのに!!カウンターでは、ドリンクを持って席に帰りそびれたお客さんが唖然!としながらも、一気に興奮を隠すことなく「うぉ〜」という、地響きにも似た声が鳴り響いたのだ。メンバーがようやくスタンバって、定刻に「SADAO with Young Lions」 は、怒涛のライブへとテイクオフ!それからの3時間は、もう!!このライブに居合わせたみんながかって経験した事のない次元のライブだった。そして、皆が幸せになれるサウンドを演奏を貞夫さんは、見せてくれたのだと・・・ありがとう!貞夫さん、ありがとうハクエイ、ありがとう杉本智和、ありがとう竹村一哲。ありがとう来てくれたお客様!ひとり一人に本当にありがとうございます。
--------------------------------------------------------------------------------
ニュー・ファンタスティック・ジャズ・オーケストラ

2010年7月25日(日)
伊達市をメインに活躍している30年近くの歴史あるビッグバンドのライブ。
コンサートホールとは、一味も二味も違う演奏を聴かせてくれました。
これからも年に何度かの出演を望みます。
--------------------------------------------------------------------------------
”Totem Pole”
「菅野浩カルテット」

2010年7月24日(土)
”Totem Pole”としてのアルバム「Emily」をリリースしてのライブ・ツアー。
福島出身の紺野智之の参加バンドとしても話題に!抑制された美しい演奏に
感動させられました。
菅野浩(as)、紅野智彦(pf)、吉田豊(b)、紺野智之(ds)

--------------------------------------------------------------------------------

「外山安樹子TRIO」

2010年5月23日(日)
2007年にベースの関口宗之とDUOで来店し、外山安樹子TRIOとしては、初のライブです。
多彩なドラマー秋葉正樹を得て、ますます表現の巾を広げ、終始圧倒的なテクニックとメロディ
・メーカーらしく、歌心溢れたライブでした。

--------------------------------------------------------------------------------

「MALTAカルテット」

2010年4月23日(金)
3年連続MALTA・カルテット!リラックスした中にも圧倒的なテクニックと楽しいトーク
マルタのエンターティナー振りに大いに笑いハッピーな演奏に皆酔いしれました。
MALTA(as、ts)三木成能(pf)高瀬裕(b)ジーン重村(dr)

--------------------------------------------------------------------------------
「Blow Monkey Big Band」

2010年2月14日(日)
2度目の単独ライブとなる「Blow Monkey Big Band」結成2年半での成長も著しく
テーマも1部プレイズ・モダン・ベイシーと題し、カウント・ベーシーナンバーを2部は
スタンダード・ニュー・ブローと題しスタンダードと新しいアレンジにも挑戦しました。
ライブ終了後は、打ち上げが遅くまで続きました。
--------------------------------------------------------------------------------
「吉野ミユキ+中山トリオ」

2010年1月9日(土)
7年ぶり来てくれた「吉野ミユキさん」を迎えて新年ライブを演りました。
丁度初CDも発売になり乗りに乗っている彼女を「中山トリオ」がサポートしました。
相変わらずバリバリのバップを太いアルトでスイングしてくれました。2部後半には、
地元の演奏家を交えてのセッションもあり、テナー・サックスの菊池さん、ギターの藤村さん
が参加してくれました。ライブ終了後は、新年会を兼ねての打ち上げが遅くまで続きました。


--------------------------------------------------------------------------------
「紺野智之セッション」

1月2日(土)
今年も年頭初セッションは、紺野智之セッションからです。今やルーティーンジャズクインテットのリーダー
や、様々なグループで、引っ張りだこの福島が誇るドラマーとのセッションが出来るとあって、沢山の参加者
が来てくれました。山大工学部アルトサックスの小山田さん、東京から30年前の常連ドラマー吉成さん、フリューゲル
ホーンの佐藤さん、テナーの菊池さん、紺野さんの・・・CDも出ているPROピアニスト松下さん、福大JAZZ研の
堂々の5年生部長三浦君と盛りだくさんでした。

ドラム紺野智之、ピアノ中山智広、ベース加藤晃司、ギター鈴木勇次

--------------------------------------------------------------------------------
ビッグ・アップル寄席
「桂歌蔵独演会」

2009年11月1日(日)
桂歌丸の弟子・真打歌蔵の古典落語。ビッグ・アップルが
寄席になりました。落語も生がいいです。LIVEの迫力で、圧倒されます。
伝統芸能の芸の凄さを再認識しました。

--------------------------------------------------------------------------------
「外山安樹子スペシャルセッション」

2009年10月24日(土)
30周年スペシャルライブの番外編的に2年前にも来てくれた「外山安樹子さん」を迎えて
スペシャルセッションを演りました。丁度3枚目のCDも発売になり乗りに乗っている彼女を
大森真さん(as)のプロデュースにより実現したものです。普段は、なかなか出来ないプロ演奏家
との共演が出来ると、沢山の演奏家が来てくれました。高橋さん(g)@白河,吉川さん(g)@東京
横倉さん(tp,ds)@会津若松、渡邊恵梨子さん(p)@郡山、太田さん(ds)@宮城、斉藤さん(as,vo)、菊池さん(ts)、
馬場さん(vo)@福島、外山敬三さん(p)@千葉と沢山来てくれました。
また、先日行われた「福島ライブ・ミュージック・ウォークラリー」の実行委員長ピーター・スコットさんと
顧問のネーサン・イングラムさんが来てくれました。

--------------------------------------------------------------------------------
「板橋文夫TRIO」

2009年9月24日(木)
30周年スペシャルライブ5弾は、板橋文夫TRIOの登場。パワフルな演奏は、還暦を迎えた
今日も健在で、時に暴力的ですらあるり、叩きつける演奏の中に得も知れない優しいメロディ
が心に染みます。ベテランを相手に若手天才リズム隊ベースの瀬尾高志、
19歳のドラム竹村一哲が対等以上に炸裂し、演奏に年齢差などないのだなぁと・・・
アンコールを4曲もやってくれた時マネージャーがこんな事は、初めてだと驚いていました。
まさに「一期一会」とはこの事でした。

--------------------------------------------------------------------------------
「佐山雅弘クインテット」

2009年8月29日(土)
30周年スペシャルライブ4弾は、佐山雅弘の登場。話題の17歳天才少女「寺久保エレナ」
うわさにたがわずすごいスゴイあの細い小さな体のどこにあのパワーがあるのか!パワー
だけではなく17歳にして、どこでそんなテクニックを身に付けたのか・・あぜん!!
佐山のピアノはもちろん、ギターの馬場、ベースの中林、ドラムの国場、全員スコブルつきの
テクニシャンです。また、物凄い演奏に遭遇した瞬間でした。
佐山雅弘(p)寺久保エレナ(as)馬場考喜(g)中林薫平(b)国場幸考(ds)

--------------------------------------------------------------------------------

「MALT・AHIT&RUN」

2009年7月20日(月)
30周年スペシャルライブ3弾は、昨年に続きMALTAの登場!
昨年は、カルテットだったが、今年はフルメンバーのHIT&RUN!
往年のヒット曲からスイングナンバー・スタンダードナンバーと何でもやり放題の
MALTA・ワールドが炸裂しました。昨年以上に喋りの方も絶好調で、終始笑いの
溢れた楽しいライブで、予定を大幅にオーバーし、アンコールも何曲も・・。
MALTA(as、ts)布川俊樹(g)三木成能(p)平下政志(key)高瀬裕(b)ジーン・重村(ds)

--------------------------------------------------------------------------------
「岡安芳明ライブ&ジャム」

2009年7月5日(日)
日本を代表するJAZZ・ギタリストとミンガス・レギュラーバンドとのライブが30周年スペシャルとして、実現した。
その上、ミンガスセッションの常連達とのセッションも岡安さんは快く引き受けてくれました。
岡安さんは、その日東京から単身車で来てくれ、着いたのは何と客入れ30分前!にも拘らず、
少しの音あわせだけであの演奏がで出来るミンガス・レギュラーバンドも大したものです!
岡安芳明(g) 中山(p)菱沼(b)吉田(ds)

--------------------------------------------------------------------------------
「辛島文雄TRIO」

2009年6月6日(土)
日本JAZZ界の重鎮!辛島文雄のトリオのライブが30周年スペシャルとして、ようやく実現した。
これまで非公式には、辛島さんが当店に遊びに来た折にソロでは聴かせて頂いたのだが
トリオでの演奏は初めてでした。今回出たCDが大スタンダードなので、
そこからの選曲で、多くのJAZZファンには、充分楽しめる内容でした。
スタンダードとは云ってもそこは、辛島TRIOならでの自由自在な解釈と演奏で、
ピアノトリオの限界にまで迫る演奏でした。
辛島文雄(p)川村竜(b)小松伸之(ds)

--------------------------------------------------------------------------------

「吉田祥一郎カルテット」

2009年3月7日(土)
福島市出身の阿部真也(ds)の加入している若手バリバリのテナーサックス奏者、吉田祥一郎のカルテット福島初のライブです。
コルトレーンやブレッカーライクなプレーから歌心溢れる演奏まで、ハートフルなプレーヤーで、ピアノのヒロモロズミ氏の
オリジナル曲や本人のオリジナル曲も交えてたっぷり演奏し、各メンバーをフューチャーしたプログラムは、サスガ!でした。
地元の阿部真也も格段の成長ですっかりプロとしての地位を確立していました。
吉田祥一郎(ts)ヒロモロズミ(p)菊田茂伸(b)阿部真也(ds)

--------------------------------------------------------------------------------

「紺野智之 スペシャル・セッション」

2009年1月3日(土)
紺野さんの昨年のCDがRoutine Jazz Sextetに発展し、それを引っさげての恒例の里帰りセッション冬の陣。
今回もまた沢山のお客様が駆けつけてくれました。
特にバリバリのプロとのセッションがあるということで、演奏者の参加が多くとても楽しいライブになりました。
福島大学JAZZ研、東海大JAZZ研から、また社会人の参加者も数多く来てくれました。
四枚目の写真は、このセッションの仕掛け人千葉大JAZZ研の「ちばっぷ」加藤晃司君です。
スペシャル・ゲスト紺野智之(ds)ゲスト鈴木勇次(g)中山(p)加藤晃司(b)

--------------------------------------------------------------------------------

「柏木広樹・中山将章Duoライブ」

2008年12月6日(土)
「G-CLEF」のメンバー葉加瀬太郎Gのサウンドプロデューサーを
務める柏木広樹のDUOライブジャンルを飛び越えた癒しのサウンド
に酔いしれました。
出 演 柏木広樹(Vc)中山将章(Gt)

--------------------------------------------------------------------------------
「アキコ・グレース Graceful Vision Tour」

2008年11月14日(金)
CDだけ聴いていたのでは、決して体験できないとは、この事だ!細身の身体から繰り出される骨太のサウンド
その上素晴らしいリズム隊を得て、ニューヨーク仕込みの近代的なピアノTRIO演奏を聴かせてくれました。
アキコ・グレース(p)鳥越啓介(b)小山太郎(ds)

--------------------------------------------------------------------------------
「Blow Monkey Big Band」

2008年11月9日(日)
福島市唯一の本格的JAZZ・BIG・BAND「ブロー・モンキー ビッグバンド」
の初の単独ライブに多くのジャズファンが押しかけてくれました。途中からは、公務で
忙しいであろう瀬戸市長も顔を出してくれました。メンバーは、緊張の中にも演奏するのが
楽しくて仕方ないという風で、白熱した演奏を繰り広げてくれました。

--------------------------------------------------------------------------------
「Big Wing Jazz Orchestra」

2008年9月14日(日)
35年の歴史を持ち幾多の海外公演など東京の社会人ビッグバンドの最高峰。89年浅草ジャズ・コン優勝。
こんなビッグバンドに福島高校ジャズ研出身の丹治修也君は、在籍してました。実は彼浪人時代ミンガスで
手伝っていたのです。三春と福島ツアーでの演奏。ライブハウスでの大迫力の演奏に沢山のお客様が来て
くれました。同じ日にお隣仙台では、有名な定禅寺ジャズでしたが、レベルの高さでは、圧倒していました。

--------------------------------------------------------------------------------

「紺野智之 スペシャル・セッション」in summer

2008年8月13日(水)
彼のCDがタワーレコードでNO1になったり、遂に「紺野智之」の時代が・・
今回のライブにあったって民報、民友新聞社に取材を受け当日両新聞社に掲載
されたこともあってか、沢山のお客様が駆けつけてくれました。特にセッション
があるということで演奏者の参加が多くとても楽しいライブになりました。
福島大学・山形大学工学部JAZZ研をはじめ、東海大JAZZ研からも
社会人の参加者も数多く来てくれました。
新聞にも載りました! (福島民友)(福島民報)

スペシャル・ゲスト紺野智之(ds)ゲスト鈴木勇次(g)中山(p)加藤晃司(b)

--------------------------------------------------------------------------------

「NAOTO アコライブ ツアー」
2008年4月3日(木)
NAOTOの事務所の方針により、写真は、一切載せられませんが
彼のHPには、写真がありますので、リンクを貼りました。
珍しく、クラシック畑のライブでした。演奏もさることながら、意外なほど
おしゃべりが多くてびっくり!ものすごく気さくな演奏会でした。
NAOTO(vl)遠山哲郎(gt)中村太知(gt)

--------------------------------------------------------------------------------

「MALTAカルテット」

2008年2月13日(水)
MALTAのリラックスした中にも終始圧倒的なテクニックに驚きを
感じながらハッピーな演奏に皆酔いしれました。
MALTA(as、ts)納谷嘉彦(pf)早川哲也(b)ジーン重村(dr)

--------------------------------------------------------------------------------

「紺野智之 スペシャル・セッション」

2008年1月3日(木)
今や盆正月名物。福高JAZZ研出身の売れっ子プロ・ドラマー「紺野智之」を招いてのセッション。
スペシャル・ゲスト紺野智之(ds)ゲスト鈴木勇次(g)中山(p)加藤晃司(b)
紺野君の里帰り的セッションで、参加者もテナーが二人、アルト、ドラマー・ベーシストと多くの演奏者が来てくれました。

--------------------------------------------------------------------------------

「ケイ赤城(p)・本田珠也(ds)DUO」

2007年12月16日(日)
スペシャル中のスペシャルセッション!まさに世界レベルの演奏でした。
当店のピアノがここまで鳴るのかというぐらい驚きに満ちた演奏に、多くのお客さんは、感動していました!!
3枚目の写真は、ケイ赤城とマイルスの絵画と共に、のスナップ。

--------------------------------------------------------------------------------
「紺野智之 スペシャル・セッション」

2007年8月17日(金)
今や盆正月名物。福高JAZZ研出身の売れっ子プロ・ドラマー「紺野智之」を招いてのセッション。
スペシャル・ゲスト紺野智之(ds)ゲスト鈴木勇次(g)中山(p)加藤晃司(b)吉田久男(ds)

--------------------------------------------------------------------------------
「佐藤恭子+ミンガス・スペシャル・バンド」

2007年7月29日(日)
佐藤恭子(as) 中山(p) 加藤晃司(bass) 吉田久雄(ds)
ポスターの写真とは違って、ショート・ヘアーになった彼女は、まるで、女子高生のようないでたちでステージに立った。
しかし!その演奏はスムーズで、豪快ですらあった!!知らない人が見たら、アルトサックスって楽に吹けるのでは?と思える程である。
さすが、本場アメリカで、鍛えたことはある。演奏することが楽しくて、楽しくてしょうがないという印象でした。

--------------------------------------------------------------------------------
外山安樹子DUO&カルテット

2007年3月20日(火)
外山安樹子(p) 関口宗之(b)大森真(as、ss、fl)吉田久雄(ds)
CD「songs for lilac」発売記念のLIVE。CDとは、また違った力強い外山安樹子のプレーでした

--------------------------------------------------------------------------------
「紺野智之 新春スペシャル・セッション」

2007年1月3日(水)
紺野智之(ds) 中山(p)鈴木勇次(g)加藤晃司(bass)
紺野智之は、福島市出身、福高JAZZ研の出身。里帰りした折にセッションしました。将来有望なドラマーです!

--------------------------------------------------------------------------------
「THE SWEET NAIL」

2006年12月15日(金)
Hiro・川島(tp) 大森 真(as,fl) 若林 稔(p) 石井 朗(b) 宇都宮 荘太郎(ds) 近藤 淳(vo)
パワフルで繊細でとても楽しいLIVEでした。迫真の演奏にお客さんも大喜びの夜でした。

--------------------------------------------------------------------------------

「大西順子(pf)・峰厚介(ts)米木康志(b)原大力(ds)カルテット」

2006年 7月11日(火)
久々の大西順子。パワフルな緊張感溢れる演奏でした。

--------------------------------------------------------------------------------

中本マリ&田村和大DUO

2006/2月24日(金)
円熟味を増した素敵なマリさんのヴォーカルに酔いしれました。

--------------------------------------------------------------------------------

渡辺貞夫クインテット

2006/1月18日(水)
「渡辺貞夫バンド2006」ツアーの初日LIVE。鬼気迫るパワフルな貞夫ワールド!!
渡辺貞夫(SAX)/小野塚晃(P)/吉野弘志(BASS)/石川雅春(DS)/ンジャセ・ニャン(per)

--------------------------------------------------------------------------------
「高橋知己カルテット」「BLUES TO ELVIN」tribute to Mr.Elvin ・Jones 

2005年11月13日(日)パワフルな演奏でした。
高橋知己(TS) 津村和彦(G) 嶋友行(BASS) 小松伸之(DS)

--------------------------------------------------------------------------------
金子亜里紗カルテット
2005年9月9日(金)

NEWアルバム「Our Respects BUD」レコーディング記念LIVE。 「ビ・バップ原理主義」布教活動に寄与しました。
金子亜里紗(pf) 小川高生(as) 吉田豊(bass) 矢嶋正義(ds)

--------------------------------------------------------------------------------

鈴木勲「OMA−SOUND」
2005年7月27日(水)

とてもハッピーな楽しいLIVEでした。
 鈴木勲(b)スガダイロウー(p)森田修史(ts)吉田智(g)織原良次(eb)力武誠(ds)

--------------------------------------------------------------------------------
金子亜里紗カルテット2005年  3月19日(土) 
《アルバム「RIFFTIDE」発売記念ライブ》

とてもbe-bopな演奏でした。演奏終了後のJAM−SESSIONも盛り上がり、「ビ・バップ原理主義」布教活動に寄与しました。 金子亜里紗(p) 小川高生(as)  藤田耕平(bass) 横山和明(ds)

--------------------------------------------------------------------------------
「大村太一郎TRIO」
2004年8月7日
大村太一郎(b) 土田健(p) 阿部真也(ds)
23〜25歳の若いピアノトリオ。シャープでタイトな演奏が印象的でした。

--------------------------------------------------------------------------------
「渡辺匡彦・クインテット」
2004年4月18日
 渡辺匡彦(vib)中山(p)スケガワヤスヒコ(b)鈴木勇次(g)

--------------------------------------------------------------------------------
「渡辺匡彦・クインテット」
2003年8月23日
渡辺匡彦(vib)中山(p)スケガワヤスヒコ(b)吉田久雄(ds) 鈴木勇次(g)

--------------------------------------------------------------------------------
「吉野ミユキ・クインテット」LIVE!
 2003年4月26日
吉野ミユキ(as)中山(p)鈴木勇次(g)菱沼元一(b)吉田久雄(ds)

--------------------------------------------------------------------------------
高橋奈保子(vo)LIVE
2002年8月16日
高橋さんHPはこちら
スレンダーなボディに似合わずパワフルなヴォイスと抜群のリズム感で、皆さんを楽しませてくれました。
大森 真(as)中山(p) 阿部昌弘(b) 吉田久雄(ds)
高橋奈保子LIVEは テレビユー福島「VJパロパロ」で、放送されました。

--------------------------------------------------------------------------------
吉野ミユキ New Year Jazz Live
2002年1月12日(土)
吉野ミユキ(as) 中山(p) 阿部昌弘(b) 阿部真也(ds)
ハード・バップで豪快にスイングしました。

--------------------------------------------------------------------------------
福島市「古関裕二記念館」LIVE
2001年9月9日
大成功のうちに終わりました。MINGUSのLIVEとは、ちがった雰囲気での演奏もまたいいものです。

--------------------------------------------------------------------------------
渡辺匡彦カルテット

2001年7月21日 
渡辺 匡彦(vib) 1957年 2月 22日 北海道生まれ。自己のカルテットを中心に都内のライブハウスなどに出演。
小宅珠美クインテット等で活動。福島には2000年8月以来、二度目の来訪。
中山(ピアノ)、スケガワヤスヒコ(ベース)、吉田久雄(ドラムス)


--------------------------------------------------------------------------------
山中良之(ts) Jam Session
2001年 3月20日
2000年7月29日(土)に始まったMINGUSのJAM SESSIONが、遂にゲストを呼ぶまでに成長した、記念すべきイベント。
左=山中さん。真ん中でギターを弾くのは、「東北のグラント・グリーン」鈴木勇次さんです。