ひとりごとのオマケのオマケ・必殺ジャズ・ピアノ講座
〜これまで絶対にどこにも書かれていないジャズ理論〜
T「なぜクラシック・ピアノは弾けるのに、ジャズ・ピアノは弾けないのか」

ここから先は極めて難解な話です。恐らく楽器を弾かない人には理解不可能でしょう。

表題は、よくある事実です。バッハの平均率やベートーヴェンのソナタが弾ければ、大体クラシック・ピアノは一通りこなした、高度な技術を持っているピアニストと言えます。いや、そこまで行かなくても、ツェルニー30番を終わった程度の人でも、ジャズ・ピアニストになるには充分すぎる技術を持っています。ところが、そんな人がジャズを弾いてみたいのに、できない。
もちろんアドリブができない、という問題もありますが、市販のアドリブのコピー譜を弾いても何だか全然違ったものになってしまう・・・。たしかに譜面上の音符は正しく弾けているのに。
そんな悩める人々の為に徒然なるままに、その理由を考察してみましょう。

そもそも「ジャズ」の音楽的定義とは一体何なのでしょうか?例えば「クラシック」ならば、定義はかなり明らかです。ルネッサンス以後19世紀までにヨーロッパ諸国で作曲された音楽のことです。一部は20世紀初頭の「近代音楽」を含み、新大陸での作曲も含みます。またルネッサンス以前の宗教音楽、例えばグレゴリオ聖歌などを含むこともあります。多分に境界はあいまいな部分はあるものの、中核は明解と言えるのではないでしょうか。そして何より、クラシックは曲中心です。何であれクラシックの曲を譜面に忠実に演奏すれば、最低限のクラシック音楽はできるのです。
ところが、「ジャズ」とは何か。わかっているようでわからないのではないでしょうか。実際ジャズは「曲」ではありません。ジャズの曲、例えばデューク・エリントンの「A列車で行こう」をベルリン・フィルからピック・アップした弦楽四重奏団がアレンジして演奏しても、普通はジャズにはなりません。反対にジェリー・マリガンがショパンのプレリュード第五番を演奏したものは立派なジャズでした。つまりジャズという音楽は、ジャズの曲ではなく演奏方法なのです。

では、弦楽四重奏団にはアドリブがないからジャズじゃないのか?ジェリー・マリガンにはアドリブがあったからジャズなのか?これは正しいようですが、問題の一部分に過ぎません。なぜなら、ジャズではないアドリブ=即興演奏はいくらでもあります。ロックにも、現代音楽にも、民族音楽にも。

逆にジャズ・ヴォーカルにはアドリブがないものも沢山あります。ではそれらがなぜ「ジャズ」なのか?

ここで注目したいのが、「スイング」というリズムの概念です。この「スイング」は1930年代に流行したジャズのスタイル〜ベニー・グッドマンなどの〜ではありません。モダンジャズの4ビートのリズムに固有のドライブ感、停滞せずに前に進んでいくようなリズムのことです。バド・パウエルやチャーリー・パーカー、アート・ブレイキーらの演奏に顕著な「あの感じ」です。ずれながらうねっていく、あのフランク・シナトラやサラ・ヴォーンにも顕著な感覚のことです。しかし同じスタンダード曲を歌っていても、アンディ・ウィリアムスやジュリー・アンドリュースにはありません。同じ4拍子なのにスーザのマーチとはまったく違うリズムのことです。

じつはエリントンが曲の題名にしたように、「スイングしなけりゃ意味はない」のです。そしてスイングができるかどうか、つまりリズム感が「ジャズ」という音楽においては半分以上を占めるのです。この点がクラシックとは全く違います。はっきり言ってクラシックはリズムを重視していません。リズム、ビート、タイムという言葉の概念ははっきりしているのでしょうか?それより譜面上の、五線譜上の何の音を出すか、つまり音程の問題に腐心しているのではないでしょうか?クラシック・ピアノができてもジャズ・ピアノができないジャズ・ピアノ志望者は、ジャズという音楽において一番重要なことは、「リズム」である。リズムができなければ、つまりスイングできなけりゃ(他がいくらできても)、絶対ジャズはできない、と肝に命じた方がよさそうです。スイングが、ジャズの本質なのです。この4ビートのスイングこそは、他の音楽には絶対ありません。

では、リズム感、スイングとは、従来よく言われたように、純粋に遺伝的、感覚的問題なのでしょうか?昔よく、「黒人でなけりゃスイングできない。それは血だから」などと言うオヤジがいました。私はそうではなく、確実に理論と方法があると確信しています。

次回は、「スイングの方法論」を書く予定です。また、並行して「アドリブの方法論〜和声理論とその究極の構造」も書いていくつもりです。(早く知りたい人は、ライブを聴きに来てください。アフター・アワーに話出るかもしれません)
著者HP(中山智広)
U本当にクラシック・ピアノは弾けているのか

T U V W X Y Z

戻る
Copyright(C) mingus.corp.All rights reserved 2002 無断転載を禁止します